2019年09月18日

あなたもきっと変われる「1+1=2」

こんにちは!



私が小学校の足し算で最初に習ったのが
1+1=2だったと思います。
あなたもそうだったんではないでしょうか。

1+1=2、これは簡単な計算です。
1+1=3でもなければ、1+1=0でもありません。

1+1=2です。

1+1=2を取り上げて、
ここで何が言いたいかというと、
カロリーのことです。

ダイエットには必ずといってよいほど
カロリーの話が出てくると思いますが、
ここでもカロリーの話をしたいと思います。

これを読んでいるあなたは、
「なぁ〜んだ。カロリーの話かぁ」
なんて言わず、最後までお付き合いください。

現在では、糖質がインスリンの働きにより
脂肪になり、体に蓄えられるということが
分かってます。

また、脂質も多く摂れば、
食べた物のエネルギーを消費してから、
体に蓄積された脂肪を消費するということにな
るので、脂質を多く摂ることもダイエットには
マイナスになります。

あなたも知ってることですが、
1カロリー(1cal)って、1ml(1ミリリットル)の
水の温度を1℃上げるために
必要なエネルギーの量です。

ですから、
1リットル(1000ml)の水の温度を
1℃上げるために必要なエネルギーの量は
1000カロリー(1000cal)で1キロカロリー(1kcal)
となります。

ここで、冒頭の1+1=2に戻ります。

1kcal+1kcal=2kcalですね。
1kcal+1kcal+1kcal=3kcalです。

あくまで話を分かりやすくするため、
単純な計算式で進めますね。

あなたが、朝、昼、夕と3食とも
同じカロリー数の1kcalのものを食べるとすると。
1日に食べるカロリー数は上の式にもあるように

1kcal+1kcal+1kcal=3kcal

となります(くどいようでうが、あくまで仮定の話)。

そして、人が生きていくために
必要な最低限のエネルギー量がありますよね。
そう、基礎代謝量です。

あなたが1日、何もせず24時間安静状態で
消費するエネルギー量のことです。

人によって基礎代謝量に違いはありますが、
一般成人の場合、女性で約1,200kcal/日、
男性で約1,500 kcal/日とされてるようです。

ここでも、話を簡単にするために
1日の基礎代謝量を2kcalとします。


あなたが、朝、昼、夕に
1kcal+1kcal+1kcal=3kcal食べ、
丸1日、何もせず24時間安静状態で
寝ていた場合、

基礎代謝量が2kcalですから、
差し引きすると3kcal−2kcal=1kcalとなります。

3kcalの栄養をとり、何もせず24時間安静状態
の基礎代謝で2kcalを消費した場合、1kcal分
のエネルギーが残るということです。

何もせず24時間安静状態というのは
普通の生活ではないことです。

ですから普通は、仕事をするとか、
部屋の中を歩くとか、起きてテレビを観るとか、
何かしらしてるはずです。

その普通の活動で1kcalを消費したとしましょう。
そうすると、基礎代謝の2kcalと合わせて
3kcalを消費することになります。

あなたが、朝、昼、夕に
1kcal+1kcal+1kcal=3kcal食べ、
基礎代謝で2kcal、普通の活動で1kcalを消費
すると仮定した場合、
3kcal−2kcal−1kcal=0kcalとなって、
余分なエネルギーは残らない
ということになります。

つまり、朝昼夕で食べるカロリー量と
基礎代謝+普通の活動で消費する
カロリー量が等しければ、
差し引き±0kcalとなり、
体重の増減はゼロということになります。

ということは、
普通の活動の中での
消費カロリーを1kcalより多くすることで、
基礎代謝と合わせた消費カロリーが多くなり、
食べた分の摂取カロリーとの差し引きで
ゼロ以下となって痩せるということになります。


例えば、消費カロリーが1.2kcalとなれば、
基礎代謝2kcalですから、
基礎代謝+消費カロリーで3.2kcalで、
朝、昼、夕の3kcalとの差し引きを計算すると、

3kcal-3.2kcal=-0.2kcalとなって
-0.2kcl分の体内の脂肪を使うことで
痩せるということになります。

ですから、
普通の活動の消費カロリーを多くすることで
痩せることができる!! というわけです。


朝、昼、夕に1kcal+1kcal+1kcal=3kcal食べても、
基礎代謝で2kcal、普通の活動で1kcal以上を
消費すれば痩せることができます。


では、普通の活動で1kcal以上を消費するには
何をするか?

何をする・・・?
あなたなら何をしますか・・・?

運動?・・・って言っても、

きっとこれを読んでくださってるあなたは、
「運動しなくても痩せられる」ってところに、
少なからず惹かれて
これを読んでくれてることが考えられるわけで・・・。

では、どうすればいいのか?

普通の活動の消費カロリーを
運動をせずに多くすることができるのか・・・。

いくら考えても、普通はそんなことできません。


じゃぁ、どうすれば「食べた分の摂取カロリー」と
「基礎代謝+普通の活動の消費カロリー」は、
その差し引きで、ゼロ以下のマイナスと
することができるのか・・・。

「食べた分の摂取カロリー」と
「基礎代謝+普通の活動で消費するカロリー」との差し引きで
運動をせずにゼロ以下にするには・・・

それは・・・、


「摂取カロリー」を少なくすればいいんです!!


「はぁ!?、そんなこと分かってるよ!!(怒)」
って声が聞こえてきそうですが、ここが重要です。

いままでは、朝昼夕で1kcal+1kcal+1kcal=3kcal、
基礎代謝で2kcal、
普通の活動で1kcalの消費で、
3kcal−2kcal−1kcal=0kcalで体重に変化がない。

または普通の活動が1kcal未満で
差し引きプラスのカロリー量となり
体重増加となっていたわけです。

そこを、基礎代謝で2kcal、
普通の活動で1kcalの消費を変えず、
運動もせずに体重を減らすとなれば、
食べる分の摂取カロリーを
減らすしかないのです。

朝昼夕で3kcalのところを
3kcal未満にするんです。


例えば、朝昼夕で2.8kcalにすると、
2.8kcal−2kcal−1kcal=−0.2kcalとなるわけで、
先ほども言ったように−0.2kcal分の体内脂肪が
使われて、これを続けていけば、確実に体重は
減少するわけです。

さっき、「はぁ!?、そんなこと分かってるよ!!」
と思ったあなた、

そこができていないから体重が減らない
という事実は分かってる確かなことです。

体は正直です。

1+1=2、1+1+1=3です。

そこを
0.8+1=1.8、とか
1+0.8+1=2.8にすることが
とても重要なことです。

あなたは「はぁ!?、そんなこと・・・」の

「そんなこと」ができてますか?



続く・・・



ということで、本日の朝食は、
サバ缶、煮卵、オクラのめんつゆ味付けなど。
1568753910297.jpg


夕飯は、移動時間の待ち合わせ時間で
宮城県民の大衆食堂「半田屋」にいきました。
レバニラ、麻婆豆腐、納豆、わかめの酢のもので。
1568799739875.jpg


今日も美味しくいただきました。
ごちそうさまです!!


さて、あなたは今日何を食べました?


50才を超えた私が実践してるのは
なるべく炭水化物(糖質)を摂らないこと。
これで、ダイエット後の体重は維持され続け
体調も快調です。


これに加えて軽い運動をすれば最高なんでしょうけどねぇ〜
運動できない(しない・・・?)ので
食べるもので体重調整しないとネ。


ダイエットをするには
まず最初に自分の思い込みを取り除いてから
ダイエットを始めると無理なくダイエットできます。


これ、本当です。


どうしてあなたが痩せられない食生活を送っているのか
その思い込みに気付くことで気持ちを変化させて
あなたにも楽に楽しく食事軽減をやってもらえれば
いいなぁ〜と。


あなたにも楽に楽しく食事軽減を
やってもらえればいいなぁ〜と。


そんな体験をしてもらいたいなぁ〜
と思ってます。


なので、あなたの食生活に対する気持ちに変化を与えるために
今後、セッションを開催しようと考えてました。
まだ、開催場所や開催時期などは未定ですが
決まったらお知らせします。


今日もこのブログを見ていただき
ありがとうございます


あなたは頑張らないと痩せないと思っていませんか?


では




あなたもきっと変われる「プロローグ」は こちらからどうぞ
ヨーグルトの作り方は こちらからどうぞ





posted by バルタン・チバ at 20:55 | Comment(0) | あなたもきっと変われる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: